• 介護システムの選定ポイント

    • 介護システムを導入しようとしたときに何を基準に考えて良いか悩んだときの解決方法を紹介します。
      これらの商品を手がけている会社はいくつかありますが、事業所の業務や困っていることが解決できる商品でないと導入したメリットをあまり感じることができません。まず、事業所で困っていることをリストアップしてみましょう。


      それを分類わけして、システムで改善できることは何か選別していきます。



      選別したものを踏まえて、商品を探してみましょう。


      まずはインターネットや知り合いからの情報をもとに探してみると良いでしょう。



      実際に使っている知り合いが入ればよいのですが、インターネットでも十分実際の利用者の声は聞くことができます。

      次に、気になった会社のシステムについて情報を集めましょう。



      導入やメンテナンス費用など細かく情報を収集しましょう。導入するための費用と保守サポートのための費用それぞれが予算内に収まるか確認しましょう。

      費用がさらに上乗せになるような事例がないかも確認しておきましょう。


      事業所の規模によって値段が変わるのであれば、その点についても事前に調べておきましょう。

      一度介護システムを導入してしまったら、他の商品に変更するのは少しハードルが高くなります。

      介護システムの動きや使い勝手に慣れてしまうと、よっぽどのことがないと他のものには簡単に変更できません。
      データも蓄積されていくため、他の会社の商品にするにはデータの移行の問題が発生します。そのため、最初にしっかりと要求基準を設けて導入することが重要です。

  • ITコラム

  • 読めば解る

  • ITの特徴・学びたい知識

    • 公的介護保険制度とそのシステムに関すること

      公的介護保険制度は平成12年4月にスタートし、年を重ねるごとに改正に次ぐ改正が行われて、現在のシステムになっています。なお、この改正による変更は、大規模な場合は5年に一度、小規模なものは2年に一回程度の頻度で行われ、場合によっては医療制度とセットで変更がなされます。...

    • 公的介護保険制度のシステムと負担の問題

      公的介護保険制度は平成12年4月から正式にスタートしたシステムです。この制度は、福祉先進国と目されている北欧での状況を基に制度設計がなされましたが、現場での意見や種々の問題等も踏まえながら、幾たびも制度変更が行われて今日に至ります。...